最近しばしば「健康経営」という言葉を目にすることが多くなってきました。
当事務所が行っていることは事業所様が健康経営を実践できるような環境つくりのお手伝いです。
このカテゴリーでは、健康指向の経営に関して様々なテーマで取り上げていきます。

まず、ここでは「健康経営」という言葉そのものについて簡単に説明しておきたいと思います。

健康経営の定義

 企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな効果が期待できる、と基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することを意味している。 従業員の健康管理・健康づくりの推進は、単に医療費という経費の節減のみならず、生産性の向上、従業員の創造性の向上、企業イメージの向上等の効果が得られ、かつ、企業におけるリスクマネジメントとしても重要である。従業員の健康管理者は経営者であり、その指導力の元、健康管理を組織戦略に則って展開することがこれからの企業経営にとってますます重要になっていくものと考えられる。

※NPO健康経営研究会による

この「健康経営」という言葉は、NPO健康経営研究会の登録商標であり、会の理事長で大阪ガスグループ健康開発センターの統括産業医である岡田邦夫氏が提唱されてます。

【健康経営を実践するメリット】

●企業にとって
リスクマネジメントにおける効果が大
・損害賠償のリスクを減らす
・企業イメージを保つもしくは向上させる
・職場における生産性と創造力の向上

●従業員にとって
・健康で働き続け職業人を全うする
・健康で消費活動を行える
・家族との幸せな健康生活を維持できる

何をすれば良い?

最低限するべきことは法令の遵守です。
労働基準法や労働安全衛生法、労働契約法といった労働関係法令により経営者は従業員に快適な職場を提供するように義務付けています。
よって、まずはコンプライアンスの徹底が大事となります。

 

※労働安全衛生マネジメントシステム内部監査員および第一種衛生管理者である代表の永松勝秀が対応させていただきますので、何なりとご相談下さい。

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。