男性71歳、女性74歳に

厚生労働省は1日、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2013年は男性71.19歳、女性74.21歳だったと公表した。前回10年時点の男性70.42歳、女性73.62歳と比べ、男女とも延びた。

高齢化が進展する中、厚労省は、国民が健康な状態で過ごせる期間の指標として12年に10年時点の健康寿命を初めて算出しており、今回が2回目。

国立長寿医療研究センター研究所の鈴木隆雄所長は、「健康寿命を延ばすには、生活習慣病の予防に加え、高齢期に体の機能の衰えに早く気付いて対応することが必要だ」と指摘している。

日経新聞 2014年10月1日付記事

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。