「メタボ健診実施率 2010年度は43%」

2010年度に特定健康診査(メタボ健診)を受けた人は、対象者の43.2%にあたる2255万人だったことが厚生労働省のまとめ(確報値)で分かった。実施率は09年度より1.9ポイント増えた。ただ政府目標の70%にはほど遠い。

メタボ健診は40~74歳が対象。男性では腹囲85cm以上で、血圧や血糖などが基準値を上回るとメタボと判定する。健康保険組合には健診と保健指導が義務付けられている。実施率は公務員の共済組合が70%、大企業の健保が67%、中小企業の全国健康保険協会が34%、市町村が運営する国民健康保険は32%だった。

メタボと判定され、保健師の指導が必要は人は413万人だった。厚労省は医療費を抑える対策として健診に力を入れている。今後は肥満でなくても、高血圧や高血糖で健康にリスクがある人に対して医療機関の受診を勧めたり、保健指導を実施したりする方針だ。

(日経新聞2012年12月18日記事抜粋)

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。