女性の働き方が出産に及ぼす影響についての記事をご紹介します。

厚生労働省研究班(代表研究者・斎藤滋富山大教授)がまとめたところによると、パートタイムで働く女性は正社員などのフルタイムで働く女性や専業主婦と比べ、出産時に早産となるリスクが約2.5倍高いということです。

この研究成果は日本産科婦人科学会学術講演会で2013年5月に発表されました。

概要は次のとおりとなっています。

○早産は低体重で生まれたり呼吸障害が出たりする懸念があり、日本産科婦人科学会によると、全妊婦の約5%に発生。予防が課題になっている。

○研究班は2008~10年に妊娠、出産した1365人を調査。内訳はフルタイム勤務が560人、パートタイム192人、専業主婦が573人、不明が40人だった。

○調査では37週未満の出産となった早産率は、全体で7.5%。フルタイム勤務は6.6%、専業主婦は6.5%だったのに対し、パートタイマーは12.5%で統計処理すると、早産のリスクが約2.54倍高いと見込まれた。

調査した斎藤教授によると「詳しい勤務実態は不明だが、パートでは立ち仕事が多かったり、休みが取りにくかったりする労働環境が影響している可能性がある。おなかの張りなどの異常を感じたときに休みを取りやすくする支援が必要だ」ということです。

(日経新聞2013年5月13日付記事より抜粋)

御社のパート女性の働き方を見直してみてはいかがでしょう。

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。