腰痛にストレスが関与している!?stressyoutsu

日本整形外科学会と日本腰痛学会がまとめた診療ガイドライン(指針)によると、腰痛の発症や慢性化には心理的ストレスが関与しており、画像検査などでも原因が特定できない腰痛が大半を占めるという。

指針によると、腰痛は発熱や胸部痛といった危険信号の有無などで、

①がんや外傷、感染などの重い脊椎疾患が疑われるもの
②まひやしびれ、筋力の低下など神経症状をともなうもの
③原因が特定できない非特異的腰痛

に分類することが重要とした。

なかでも非特異的腰痛は、いわゆるぎっくり腰やストレスが原因となっているものを含み、全体の85%を占めるとの研究があるという。

そんな非特異的腰痛は、職場での人間関係や仕事量の多さ、仕事上の不満、うつ状態など心理社会的要因が関与している強い証拠があると指摘。

ストレスを軽減するために、ものの考え方を変える認知行動療法などの精神医学療法が有効だとした。

また、安静は必ずしも有効ではなく、非特異的腰痛ならできるだけ普段の動きを維持した方が改善につながるという。

発症から3か月以上たった慢性腰痛には運動療法は効果があるとした。

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。