農業生産法人のざき 社長 野崎喜久雄氏の人材育成論をご紹介します。

『苦しみこそが人を育てる』

僕はいい時間だけが人生じゃないと思う。

苦の方が時間的には長い。

その苦を突破した時に、

「人生の知恵」がひとつ生まれてくる。

嫌な時にうんと踏ん張って、

「良くなるためにどうしたらいいか」と

そこを踏ん張ることで その人自身が育っていく。

 

『のざき流人材育成術』

①3億円相当の牛の世話を完全に任せる
→任されたスタッフは「一国一城の主」としての思考と行動を養うことにつながる。

②自分が正しいと思う育て方でOK
→試行錯誤出来る自由度と自己責任という感覚。スタッフは自分なりの成功メソッドを構築していく醍醐味が味わえる。

 

 

 

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。