医療法人とは

病院や診療所を運営する法人で、1950年の医療法で創設した。
法律を作る当時、個人に頼った医療機関は経営が行き詰まることも多かった。このため、法人格を与え、安定的に経営ができるようにする目的があった。

医療法で定めた範囲に限り、薬局や有料老人ホームなどの医療以外の業務を手掛けることができる。

病院全体でみると、医療法人は全体の7割弱を占める。医療法人は2014年3月末で約5万。
※国立病院や自治体などが運営する公的病院は医療法人ではない。

中小零細も多く、政府の社会保障制度改革国民会議は医療法人の合併・再編を提言している。

医療法人のトップである理事長は、医師資格を持っていることが原則だ。
例外的に都道府県の知事の認可を受けた場合は、医師や歯科医師でない理事から選ぶこともできる。ただ、都道府県によっては事実上医師以外を認可しない運用も見られる。ほとんどの理事長は医師出身だが、金融機関の出身者などもまれにいる。

(日経新聞2014年10月4日記事抜粋)

大卒看護師が急増

【学部新設・子育て支援進む】

大卒の看護師が急増している。2014年の国家試験合格者に占める割合は約30%で、この10年で2倍になった。看護系学部の新設に加え、勤務体系の改善や子育てとの両立支援など、女性が働くための環境整備が進んだことも背景にありそうだ。

看護師になるには、大学や専門学校で必要な学科を習得するなどした後、国家試験を受ける必要がある。大学では一般教養に比べ、患者の症例に併せた看護方法を議論するなど、さまざまな授業を取り入れているところもある。

国家試験合格者に占める大卒者の割合は1999年にはわずか4.6%だったが、人手不足を背景に看護系学部の新設が相次ぎ、05年に14.8%、14年には29.7%に増えた。女性は全体の約94%(12年)。

かつては激務が続いた看護の職場も、少しずつ改善されている。日本看護協会は13年にガイドラインを作成。①夜勤時の仮眠時間の設定②夜勤後の24時間以上の休息確保③勤務の間隔は11時間以上とするなどの具体策を盛り込んだ。出産後も働けるように、院内保育も普及している。

看護師の活躍の場は広がりつつある。国は在宅医療への転換を推進しており、訪問看護のニーズは高い。医師が示した手順書に従って、脱水時の患者の点滴など、特定の医療行為を担う看護師の養成も今後始まる。

京都大の任和子教授(看護学)は「結婚や子育てで仕事を辞めざるを得なかった母親らが、娘に進学を勧める例も目立つ」と話す。

(日経新聞2014年12月9日記事)

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。