我々の会社は実験が大好きで、しょっちゅう実験している。
やってダメだったらまた元に戻して新しい実験をやってその中でいいものが出てくればそれを全店に大きく広げていこう。自分たちの会社で一番いい方法というのは、その会社の人には教えてもらえないんですね。

実際に仕事をしてみて、その中から一番いい方法は必ず出てくるだろう、“自分でやってみる”の精神。コントローラーは店にある商品についてすべての責任と権限を持っている。いくらで売って値下げするのも全部コントローラーができる。責任と権限というのはセットで、それを明確にしていきましょう、これをはっきりしていくとリスクが全部見えてくるんですね、どこにどんなリスクがあるのか。そうすると合理的な運営ができていくと思う。

マニュアルについて、
仕事はなるべく単純にしていって難しいことをできるだけ簡単にすることができるかというのがマニュアルの基本である。マニュアルは見るためにあるのだから、覚えろというならマニュアルを置く必要はない。

(野中正人 しまむら社長)

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。