ここでは経営に役立ちそうな言葉として村上 隆氏のものをご紹介しております。

●愚者は成功に溺れ、賢者は危機を経て成長する。

●「地方の再生」は政府主導では実現しない。
地域性の高い企業の経営者と従業員、それに客との信頼と連帯の広がりによって生まれる。

●何のために会社に集っているのか?
その人たちの能力の何%を活かせるかということで経営者の手腕が問われる。

●『輝ける暗黙知』

これだけ社会が多様化すると、マーケティングには限界がある。
商品開発においては、マーケティングに頼るよりも、
徹底して消費者の立場に立って考えぬくメーカーが強い。

山井さんが率いるスノーピークはその典型だ。

ユーザーのリクエストをイメージするだけではなく、
直接ユーザーと話し合って
要望や不満を聞き、
商品を開発、改善していく。

そして、それらは社員に共有され
「暗黙知」として蓄積され、
会社にとって
何よりも貴重な財産となる。

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。