■肥後銀行
【行員自殺訴訟で賠償判決が確定】2014年11月1日

肥後銀行(熊本市)に勤務していた男性(当時40歳)が自殺したのは長時間労働によるうつ病が原因として、遺族が約1億7千万円の損害賠償を求めた訴訟。

熊本地裁は銀行に対し約1億3千万円の支払いを命じた。
銀行側が11月4日までに控訴しなかったため、1日付で判決が確定。

10月17日の熊本地裁判決は、男性の自殺と長時間労働との因果関係を認め「銀行は注意義務を怠った」と判断した。

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。