銀行業界の人事労務管理事情

【みずほ賃上げ、今年2回目】日経新聞2014年10月1日付記事抜粋
・・・「来月から0.5% 優秀な人材確保】

 

みずほフィナンシャルグループは30日、人事制度改革の一環として全職員一律で0.5%の賃上げに踏み切る方針を固めた。

 

グループの銀行や信託銀行などの約3万人が対象で、春に続く異例の今年2回目の賃上げになる。国際競争が激しくなるなかで、行員の待遇を改善して優勝な人材を確保したい考えだ。

 

賃上げは11月から実施する計画で、10月1日に労働組合に提示する。一般的なベースアップ(ベア)とは違い、今回は組合要求ではなく経営判断として実施を決めた。従業員のやる気を高め、顧客サービスの向上につなげる狙いもある。

 

銀行業界はバブル崩壊後、ベア凍結や賞与削減などで賃金を引き下げてきた。しかし業績回復を受け、今年の春闘では3メガバンクが19年ぶりに0.5%のベア実施を決めた。

 

みずほが2回めの賃上げに踏み切るのは、他の2メガバンクに比べて給与水準が1割程度低いことも背景にある。

 

賃上げと同時に、02年のみずほ発足以来初めて人事制度を体系的に見直す。例えば、来年7月に支店長級と副支店長級の社内資格を統合し、30代後半の若手行員を支店長に登用しやすくする。

 

優秀な社員には年100万円程度の手当を支給する制度も新設する。

 

 

 

業務依頼・お問い合わせはこちらへ

業務依頼・お問い合わせはこちらへ

 

電 話 : 090-1554-9196

 

メール: お問い合わせフォーム

 

※電話での対応は、月〜金曜日の8:30〜18:00となっております。
※メールでのお問い合せは24時間受け付けております。

 

>

ページトップへ戻る

トップへ戻る