日本の起業事情について

【日本の起業意識は世界最下位】

 

 日本の起業意識は世界で最も低い―。世界の大学・研究機関で作るグローバル・アントレプレナーシップ・モニター(GEM)が世界69カ国・地域で実施した2012年度版「起業家精神に関する調査」で、こんな実態が浮き彫りになった。

 

 無作為に抽出した調査対象者のうち、ビジネスを新たに始めたか、準備中と答えた人の比率を基に「起業活動指数」を作成。世界中、同じ条件で調べたところ、日本は4%と世界最下位だった。アジア主要国で見ても最も高いのはタイで、中国、シンガポール、台湾、韓国、日本の順だった。

アジア主要国/地域企業活動指数

 

 先進国は企業数が多く雇用の受け皿が整うため、指数は低くなる傾向がある。だが日本の場合は自信のなさも世界で際立つ。起業に必要な知識や能力、経験が「ある」と答えた人はわずか9%。こちらも世界最低だ。

 

 日本の調査を担当した経済産業省新規産業室は「日本は大企業が人材を抱えていることもあり、起業を身近なものとしてとらえにくい」と指摘する。国内は成熟してもアジアでのビジネス機会は多い。人材流動化を促すなど起業しやすい環境づくりや挑戦する風土を築くことが欠かせない。

 

挑戦促す環境づくり重要です。

 

 

 

 

(日経新聞2013年5月16日付記事紹介)

業務依頼・お問い合わせはこちらへ

業務依頼・お問い合わせはこちらへ

 

電 話 : 090-1554-9196

 

メール: お問い合わせフォーム

 

※電話での対応は、月〜金曜日の8:30〜18:00となっております。
※メールでのお問い合せは24時間受け付けております。

 

ページトップへ戻る

トップへ戻る