厚生労働省が1月23日に発表した「21世紀出生児縦断調査」によると、子供が2歳半の時点で仕事をしている母親の割合は46.5%だという結果になった。

この調査は2012年12月に実施されたもの。

2003年の調査とくらべると、11.5ポイントの増加になる。

 

【仕事をしている母親の割合】

子供が
生後6か月で35.5%
1歳半で41.8%
2歳半で46.5%

そのうち、
常勤が23.3%
パート・アルバイトが17.4%

【保育サービスの利用状況】

子供が1歳半時点で「利用したい」と考えていた人のうち、2歳半までに利用を開始した人=28.8%

この数字の背景:「経済的理由」「保育園に空きがない」という回答が目立つ。

 

投稿者プロフィール

ながまつ
ながまつ
「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」

働く人の良知に基づく本質的な職場環境改善によって生産性の向上と事業の発展に貢献することを使命といたします。従業員を本気で幸せにしたいと願う経営者様は是非、お気軽にご連絡下さい。⇒メール相談承ります。